ロボットがピッキング業務を加速させます

既存の棚、人を活かして導入が可能な
協働型ピッキングアシストロボット。

ラピュタAMRとは

ラピュタAMR は、簡単に現場に導入可能で、ピッキング業務の生産性向上、作業者の負担軽減、人不足の問題を解決する最新のロボットソリューションです。

クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」と、群制御AIにより、複数台のロボットが最適なルートで連携し荷物の搬送を行います。

作業スタッフはロボットの指示に従って、安定かつ効率的にピッキング業務を遂行でき、カートを運ぶ手間からも解放されるため、生産性向上と労働環境の改善が同時に実現できます。

また通常ピッキングとの並行処理が可能になるので、物量波動が大きなオペレーションヘの対応も安心です。

ピッキングスタッフ10 名程度以上の現場で効果を発揮。お支払いも初期投資額を抑えた月額定額制(RaaS) 形式が選択可能です。既存の倉庫レイアウトにそのまま導入出来るため、多くの皆様にご検討頂けるソリューションです!

システム構成図

使い方

多くのお客様にご利用いただいています

nittu
sgl
keiyo-ryutu
ups
konoike

ラピュタAMRのメリット

Development

自社開発による素早い開発スピード

ラピュタAMRを支えているのは、ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」と群制御AIといった弊社独自の技術です。

そのため、お客様のニーズを把握し、素早く製品を改善することが可能です。進化のスピードに自信があります。

国産で日本の倉庫にフォーカスして作られていること

日本の物流倉庫の狭い通路での効果的且つ安全な走行を世界的に見ても高いサービス品質要求を満たす為に開発された製品です。
日本の会社が作る国産の物流ロボットです。

協働型ピッキングアシスタントロボット
rapyuta io

rapyuta.ioによる拡張性と柔軟性

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」は複数・異種ロボットの協調制御を得意としています。これにより、ラピュタAMR以外の倉庫ロボット(フォークリフト、AGV、アーム、等)との連携ソリューションを構築することが可能です。

まずは実際にデモでロボットを見てみませんか?

ラピュタロボティクスのオフィスにて、ラピュタAMRのデモを行っています。倉庫同様に棚を配置しており、どのようにピッキングするかを体験できます。

1 プレゼンテーション(弊社の紹介、ラピュタARMのご説明) 20分
2 ラピュタAMR デモ (実機のご説明、ピッキングデモ) 30分
3 質疑応答 10分

シミュレーターによる精度の高い検証

導入検討の際には、シミュレーターにより期待される倉庫自動化の効果を予め確認することが出来ます。
実際の現場のレイアウトを使い、実際のラピュタAMRに使用されているソフトウェアを仮想環境で実行することで制度の高い検証を実現します。

シミュレーション設定イメージ

アウトプット イメージ

導入企業様

日本通運様

「今までのピッキングは、ピッキングリストとハンディターミナルを持ちながら、台車を押して倉庫の中を行ったり来たりしていました。一方、ラピュタAMRと協働したピッキングでは、何も持たずにラピュタAMRが止まっている場所まで行き、画面の指示にあるものをピッキングして、カートに入れるだけ。業務スピードを上げることに注力できるのは大きいですね」

事例詳細はこちら

日通のCMにも採用されました

佐川グローバルロジスティクス様

「実態として、時間あたりの処理量が凄まじくあがっています。数字でいえば、導入前後の生産性だけの比較では、現状ですでに2倍には到達していますね。処理量としては、ハンディのみの時と、ラピュタAMR導入後での大きく違いがでてきています」

事例詳細はこちら

京葉流通倉庫様

「現場のオペレーションを止めること無く導入ができました。また、コストもGTPと比べると1/3から1/4ですみました。これまでは人海戦術で対応してきましたが、今はシステムが無いと対応できなくなっており、自動化が必須だと感じています」

事例記事をダウンロード

製品仕様

協働型ピッキングアシスタントロボット
仕様
  • 速度: 〜 1.4 m/s(可変)
  • 取扱可能商品重量: 45kg
  • ロボット重量: 40kg
  • 運搬可商品: 49cm x 33 cm x 30 cm
  • 連続稼働時間: 8 時間(2時間充電)
相性の良い倉庫
  • 300坪以上のピッキングスペース(中規模以上の現場)
  • ピッキング作業者 10名以上
  • 50Lコンテナに収まる小物または中物を扱っていること

こんな倉庫にピッタリ

少量多品種の小物を扱っているB2BパーツセンターやEC等

  • ピッキング作業者が10名以上の中規模以上の現場
  • 最低通路幅が90cmあること
  • 20Lコンテナに収まる小物を扱う現場

少し大きめのサイズや1ピックあたりの品数が多い日雑品の卸倉庫

  • 食品卸・日用雑貨を扱う倉庫での導入実績あり
  • 1件あたりの商品数量が多い場合や商品サイズが比較的多い荷物を50Lオリコンで対応