ロボットがピッキング業務を加速させます

現場の、棚、人を活かして導入が可能な
協働型ピッキングアシストロボット。
お問い合わせ

協働型ピッキングアシストロボット(AMR)のメリット

なぜ弊社のAMRか

Development

自社開発による素早い開発スピード

AMRを支えているのは、ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」と群制御AIといった弊社独自の技術です。

そのため、お客様のニーズを把握し、素早く製品を改善することが可能です。進化のスピードに自信があります。

国産で日本の倉庫にフォーカスして作られていること

日本の物流倉庫の狭い通路での効果的且つ安全な走行を世界的に見ても高いサービス品質要求を満たす為に開発された製品です。
日本の会社が作る国産の物流ロボットです。

協働型ピッキングアシスタントロボット
rapyuta io

rapyuta.ioによる拡張性と柔軟性

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」は複数・異種ロボットの協調制御を得意としています。これにより、AMR以外の倉庫ロボット(フォークリフト、AGV、アーム、等)との連携ソリューションを構築することが可能です。

製品紹介動画

使い方

データアップロード

データ自動アップロード

データは自動アップロードと手動アップロード共に対応しています。

ユーザーフロー

ユーザーフロー

WMSから受け取ったオーダーデータは、最短時間でピッキングが出来るよう、適切な機体に割当てされます。Rapyuta Roboticsの提供する郡制御AIが活躍します。

ダッシュホード機能

ダッシュホード機能

ピッキング作業の大半の時間は、棚位置の捜索とゾーン間移動などの価値を生まない作業に費やされます。
AMRを導入すると、棚位置の検索と荷物の運搬はAMRに任せられるためピッキング効率が高まります。

導入前と導入後の比較

導入前と導入後の比較

Rapyuta Roboticsでは、物流ロボットだけでなく、作業の進捗や生産性を可視化するツールも併せて提供しています。

まずはシミュレーターから
検討してみませんか?

導入検討の際には、シミュレーターにより期待される倉庫自動化の効果を予め確認することが出来ます。
実際の現場のレイアウトを使い、実際のAMRに使用されているソフトウェアを仮想環境で実行することで制度の高い検証を実現します。

お問い合わせ

製品仕様

協働型ピッキングアシスタントロボット

仕様

速度: 〜 1.4 m/s(可変)
取扱可能商品重量: 45kg
ロボット重量: 40kg
運搬可商品: 49cm x 33 cm x 30 cm
連続稼働時間: 8 時間(2時間充電)

相性の良い倉庫

1000坪以上のピッキングスペース(中規模以上の現場)
ピッキング作業者 10名以上
50Lコンテナに収まる小物または中物を扱っていること

導入企業様

「今までのピッキングは、ピッキングリストとハンディターミナルを持ちながら、台車を押して倉庫の中を行ったり来たりしていました。一方、AMRと協働したピッキングでは、何も持たずにAMRが止まっている場所まで行き、画面の指示にあるものをピッキングして、カートに入れるだけ。業務スピードを上げることに注力できるのは大きいですね」
日本通運株式会社 様
日本通運
事例詳細はこちら