landing_sketch-1.jpg

クラウドやロボットで生活を快適に!

Rapyuta Roboticsは、バックパック程度の大きさの小型ロボットを使って、私たちの生活をより快適なものとすることを目指しています。その実現手段として、クラウド技術を利用したマルチロボットシステムを開発します。クラウド技術を利用したマルチロボットシステムは、クラウドと呼ばれる高性能PCサーバと複数の小型ロボットで構成されます。クラウドに接続されたロボットたちは、情報収集だけに留まらず、クラウド上の情報を元にそれぞれの環境に応じて自律した行動をとり、私たちの生活を様々な形で支援します。また、個々のロボットは働きながら、新たな情報や経験をクラウドに蓄積し、ロボット同士で共有することもできます。つまり、私たちが開発するロボットは日々成長し、高度な知能を備えていくのです。これが、私たちの思い描くロボットの日常化についての基本ビジョンであり、その技術のポテンシャルは無限大であると考えています。

ニュース

  • 【プレスリリース】Rapyuta Robotics がソフトバンクと協業。「第2回 SoftBank Innovation Program」選定企業としてドローン技術の商用化を検討開始。

    2017年04月07日 by Rapyuta Robotics
    続きを読む

  • 【Slush Tokyo 2017】ロボット工学の課題解決手段としての「クラウド・ロボティクス・プラットフォーム」

    2017年04月04日 by Rapyuta Robotics
    続きを読む

  • 【プレスリリース】ロボットで世界を変えるRapyuta Roboticsが総額10億円の資金調達を実施

    2016年09月05日 by Rapyuta Robotics
    続きを読む

お問い合わせ