ラピュタロボティクス、日本で初めて商用化された(※1)「ラピュタPA-AMR」を活用し、出荷した商品数が累計1000万ピースを突破

日付: 17 Nov 2022
カテゴリー: プレスリリース, プロダクト

 ラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、2022年11月7日、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(※2)」を活用し出荷したピース数(出荷した商品のユニット数)が、2020年7月の日本初の商用化以降、累計1000万ピースを突破したことをお知らせいたします。

(※1)参照:商用化開始についてのプレスリリース
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/2020/05/27/pa-subscription/
(※2)ラピュタロボティクス製PA(Pick Assist)-AMR型ピッキングロボットの名称。https://www.rapyuta-robotics.com/ja/pa_amr_solution/

■これまでの背景
 ラピュタロボティクスの物流倉庫自動化への取り組みは、2018年10月の「ラピュタPA-AMR」を利用した実証実験に始まります。
 2020年7月には、日本で初めて商用化されたAMR型ピッキングロボットとして、物流倉庫をはじめとしたお客様に対し、「ラピュタPA-AMR」の提供を開始いたしました。
 2021年5月には、「ラピュタPA-AMR」を活用し、出荷したピース数が累計100万ピースを突破し、
2021年10月には累計200万ピースを突破しておりました。
 その後もお客様の利用継続率は100%、各拠点にて導入台数の増加および他拠点への導入拡大が行われた結果、200万ピース突破からわずか1年あまりで、累計1000万ピースを突破いたしました。
これは、「ラピュタPA-AMR」が日本の倉庫物流市場において受け入れられ、普及段階に入ったことを示していると認識しています。

 ラピュタロボティクスは、今後も現場で使えるロボットサービス通じて、人々の生活を豊かにすることを目指し、取り組みを加速してまいります。

ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を弊社自身で活用した、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 プロダクトPR担当: 大橋
TEL:03-6228-3852
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com

最近の記事

people, カルチャー, ブログ, ラピュタではたらく
/ 02 Dec 2022
【カルチャーシリーズ vol.6】ラピュタ初!会社紹介動画の公開
ラピュタで働くすべての人が大切にしている「カルチャー」をご紹介。シリーズ第六弾では、公開中の2本の会社紹介動画について、注目いただきたいポイントをまとめています。
...
read me
people, ブログ, 採用
/ 30 Nov 2022
ROSCon 2022に参加!3つの講演と展示ブースを出展
10月19日〜21日まで国立京都国際会館で開催されたROSCon2022。弊社からは3名がパネルディスカッションや講演のため登壇いたしました。 ・ROSConとは? ROSConは毎年開催される国際的なROS(Robot Operating System=ロボットソフトウェアを作成するための柔軟なフレームワーク)の開発者のための会議で、2018年からは正式ローカルイベントとして日本版のROSCon「ROSCon JP」も開催されています。今年は京都が開催地として選ばれ、世界中の開発者などが集まりました。 ・ラピュタロボティクスとROSConの関係 ラピュタロボティクスが提供するクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」は、ROSをサポートしており、開発者はROSの利用範囲を容易にクラウドへ拡張することが可能です。また弊社は、常日頃ROSコミュニティから刺激を受けイノベーティブなアイデアを着想したり、ROSオープンソースソフトウェアを元に自社技術を追加し製品開発を行うことも多いことから、2017年よりROSConへのスポンサーをしております。 世界中のロボットユーザーや開発者、学生などが一堂に会し、初日から賑わいを見せていたROSCon 2022。ラピュタロボティクスは今回ゴールドスポンサーとして参加し、ブースを出展致しました。 実際のブースでは、弊社のソリューションである協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」の展示や、弊社エンジニアの講演内容であるUnreal Engineを使ったシミュレーションについてなどをご紹介。開発者や研究者、学生、参加企業の方々など多くの方にお立ち寄りいただき、情報交換や交流を図ることができました。 展示ブースでの様子 協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」 また、今年はワークショップのひとつとして開催されたROSCon JPにて、弊社代表取締CEOモーハナラージャー・ガジャンが「日本のロボティクススタートアップ企業」というトピックでパネルディスカッションに参加し、さまざまな方と意見を交わしました。さらに、下記2名のエンジニアがそれぞれROSCon JP・ROSConにて、「UnrealEngineを用いたROS2用の分散シミュレータ環境の構築について」を発表しました。 ・岡本 悠 / Yu Okamoto (Senior Software Engineer)・Larry Ng (Infrastructure Engineer) 「Unreal Engine (UE)」は様々なゲームの開発に利用されているオープンソースのゲームエンジンで、マルチプレイヤーゲームの機能も提供しています。多数のキャラクターが登場するゲームで利用される様々な技術をロボットのシミュレーションにも転用可能であると考え、このUnrealEngineをROS2対応のシミュレータとして使用。一度に多数のロボットをサポートできるシミュレーターを作成したことについて説明しています。ライブデモを披露したこともあり、多くの好意的な反応をいただくことができました。 また、ロボットを何台までシミュレーション可能なのか、Unreal Engineを選んだ理由、飛行ロボットや水中ロボット等このシミュレーションで使用できる他のタイプのロボットについてなど、さまざまな角度からの質問もいただきました。 ROSCon会場にて講演をするLarry 岡本コメント:「多くの方に講演を聞いていただきありがたかったです。また、発表後ブースに来ていろいろと質問をしていただき、こちらとしても勉強になりました。今回のROSConに参加してみて、多くの人が実際にROSを使っていることを実感しました。一つの会社・一人の個人としてできることには限界があり、オープンソースに貢献することでソフトウェアの品質を上げていくことの必要性を感じ、今後も微力ながらROSに貢献していきたいと思います。」 Larryコメント:「ROSConでの初めての講演だったため最初はかなり緊張していましたが、後半は慣れてきて少しスムーズに話せた気がします。大勢の方々の前で発表する機会をいただけたのはとてもありがたかったです。今回参加してみて、多くの人に出会うことができ、また新しい製品やアイディアを実際に感じることができてとても興味深く楽しい経験でした。」 3日間を通してコミュニティの盛り上がりを感じると共に、さまざまなバックグラウンドをお持ちの方と話すことができ、弊社としても大変実りある時間となりました。弊社では今後とも、ROSの発展に寄与していけたらと思っています。 ラピュタロボティクスでは、一緒に働く仲間を募集しています!採用ページはこちら…
...
read me
メディア掲載
/ 29 Nov 2022
メディア掲載_NewsPicks
11月29日(火)のNewsPicksにて記事が掲載されました。ラピュタロボティクスのロボットは、どう人の作業を補助するのか、また、大型投資ができない事情についてCEOのガジャンが語っています。
...
read me
メディア掲載
/ 29 Nov 2022
メディア掲載_NHK WORLD JAPAN
11月28日(月)NHK WORLD JAPAN「NEWSLINE ASIA 24」の 特集 “英語公用語化進むIT業界”にて、当社が取り上げられました。
...
read me
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook