All posts tagged: ロボティクス

佐川グローバルロジスティクス/堺SRC倉庫にて、「ラピュタAMR」の本格提供を開始

〜初の関西地区の物流倉庫へAMRを提供開始、今後は全国への展開を予定〜 ラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、2021年8月30日より、「ラピュタAMR※」の試験的な提供を行っていた佐川グローバルロジスティクス株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:山本将典、以下SGL)の堺SRC倉庫に、2021年10月14日より本格提供を開始したことをお知らせいたします。なお本提供は、ラピュタロボティクスにとって初の関東地区以外での取り組みとなります。今後はサポート体制を整え、全国への展開を予定しています。 ※ラピュタロボティクス製AMR型ピッキングロボットの名称。https://www.rapyuta-robotics.com/ja/pa_amr_solution/ […]

続きはこちら

ラピュタロボティクス、経済産業省が推進する「ロボットフレンドリーな環境」を実現するためのプロジェクトに参画

ラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、経済産業省が推進する「ロボットフレンドリーな環境」を実現するためのプロジェクト」に参画したことをお知らせいたします。具体的には、「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会」の「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に設置される物流倉庫テクニカルコミッティーに参画し、2021年9月30日より活動を開始いたします。 経済産業省は、施設管理、小売、食品製造等の人手不足が顕著な分野へロボットを導入していく上で、導入コストの低減につながるロボットを導入しやすくする環境、いわゆる「ロボットフレンドリーな環境」の整備が重要だという思いから、2019年秋に「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」を設置し、「ロボットフレンドリーな環境」作りに必要な要件等の検討・整理を進めていました。また2020年度から、本タスクフォースを「ロボット革命産業IoTイニシアティブ協議会」の下に位置付け、分野毎にテクニカルコミッティーを設け、環境の実現に向けた検討を進めています。 ラピュタロボティクスは、物流倉庫テクニカルコミッティーにおいてロボティクス関連企業を代表し、これまで蓄積してきた物流現場でのロボティクスシステムの導入と運営の経験を活かして、日本のマテリアルハンドリング・ロボット・上位システムインターフェース標準化を目指して検討を行います。 […]

続きはこちら

ラピュタロボティクス、野村不動産の運営する、物流系企業間共創プログラム「Techrum(テクラム)」に参画

〜2021年10月より「習志野PoC Hub」にて効果検証を開始〜 ラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、​​野村不動産株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:松尾大作、以下野村不動産)の実施する物流に係わる様々な課題解決を目指す企業間共創プログラム「Techrum […]

続きはこちら
物流ロボット

「ロジスティクス4.0」×協働ロボット最前線
第2回:日本の物流クオリティと世界の物流標準

書籍「ロジスティクス4.0 -物流の創造的革新」(日経文庫)の著者であり、ロジスティクスやサプライチェーン分野の知見が深い小野塚 征志さんに、変わりゆく物流ロボットを取り巻く世界についてお話を伺うインタビュートークの第2弾をお送りします。

続きはこちら

Enquire now

Give us a call or fill in the form below and we will contact you. We endeavor to answer all inquiries within 24 hours on business days.