ラピュタロボティクス、米国の産業用切断製品大手、Hypertherm Associatesへピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を納入

日付: 2024-04-02
カテゴリー: プレスリリース, 導入実績

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下、ラピュタロボティクス)の米国本社は、米国に本社を置く、産業用切断製品とソフトウェアの製造大手メーカーである、Hypertherm Associates(ニューハンプシャー州ハノーバー、最高経営責任者 (CEO) Evan Smith、以下、Hypertherm社)へ人と協働型のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。

Hypertherm 社で稼働する「ラピュタPA-AMR」

ラピュタロボティクスは、2023年1月より米国エリアへの拡販を注力するために、シカゴオフィスを開設しました(関連プレスリリース:ラピュタロボティクス、世界展開の第一歩として米国シカゴにオフィスを新設 https://www.rapyuta-robotics.com/ja/2023/01/26/us-office/)。本件は米国における最初の導入事例となります。 

 Hypertherm社は、世界中の顧客向けに産業用切断製品とシステムの製造を行うマルチテクノロジー企業です。サステナブル経営の一環として、企業の持続可能な成長や従業員の能力を高めるため、倉庫管理を自動化する方法を模索していました。ラピュタロボティクスとの提携は、米国の製造・倉庫業界における最先端自動化技術の導入における重要なマイルストーンであり、競合他社に先んじるものです。 

ラピュタロボティクスのピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」は、最適なピッキング作業ルートを計算し、複数のロボットが連携可能な制御技術、またピッキング作業者を最適なルートで誘導するシステム、フリートマネジメントなどの技術を組み合わせています。ピッキングアシストロボットは、ダイナミックな環境をナビゲートし、資材を安全にピッキング・搬送のアシストを行い、既存のインフラにも柔軟になじみ、シームレスに統合するよう設計されています。 

ラピュタロボティクスの執行役員である森 亮は下記のように述べています。 

「ラピュタロボティクスの「ラピュタPA-AMR」は、Hypertherm社が目指している安全で効率的な職場を目指す企業文化にフィットするものであると思っています。 「ラピュタPA-AMR」を活用することで、Hypertherm社はこれまで以上に生産性を向上させ、ロボットによる新しい業務構造のあり方を見出す機会を得ることができのではないか、と思っております。」 

また、Hypertherm社の倉庫オペレーションリーダーであるFrank Cook氏は下記のように述べております。 

「私たちは、より安全で効率的かつ合理的なオペレーションを実現する方法を常に模索しています。ラピュタロボティクスは私たちのニーズを理解するために時間を割いてくれ、私たちに最適なソリューションを導入するためにあらゆる段階を支援してくれました。」 

ラピュタロボティクスは、米国エリアにおける物流現場の課題解決に寄与し、物流DXの推進に尽力してまいります。 

■Hypertherm 社について
米国に本社を置く、工業用切断製品とソフトウェアの製造メーカーです。 Hypertherm のプラズマと  OMAX のウォータージェットシステムを含むその製品は、船舶、航空機、鉄道車両の製造、鉄骨建造物の建設、重機の組み立て、風力タービンの建築などを行う世界中の企業により使用されています。切断システムに加え、同社の作成する  CNC とソフトウェアはお客様から高い信頼をお寄せいただいており、何十万ものビジネスの生産性と収益性の向上に貢献してきました。 1968 年に設立された  Hypertherm は、 100%の株式を社員が保有し、世界各国の操業拠点や提携業務を含めておよそ  2,000人の社員が働いています。 
URL: https://www.hyperthermassociates.com/en-US/

■ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(Making robotics attainable and useful for anyone)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクスプラットフォームの開発と、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界30ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:大橋
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com

最近の記事

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン)は、東京ビッグサイトで行われる「第5回 工場内物流最適化展」にラピュタ製品の出展いたします。
...
read me
物流向けロボティクスソリューションを提供するラピュタロボティクス株式会社は、既に日本市場で複数社において採用が決定し、導入準備が進んでいる、複数台のロボット同時制御AI・材質・工法の点で革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国市場での販売を開始します。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me