最新情報 /

ラピュタロボティクス  世界展開の第一歩として米国シカゴにオフィスを新設 〜米国における物流DXを加速〜

日付: 2023-01-26
カテゴリー: プレスリリース

ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、米国での事業拡大のため、米国法人 Rapyuta Robotics, Inc.を設立し、米国第1拠点としてシカゴに新オフィスを設立いたしました。また、米国法人設立を記念して、ヒト協働型ピッキングアシストロボット(以下ラピュタPA-AMR)のキャラクターデザインを一新したことをお知らせします。

米国シカゴオフィス新設の背景と目的
ラピュタロボティクスはこれまで、日本を拠点とし、全国各地の物流事業者様に向けて、ヒト協働型ピッキングアシストロボット(以下ラピュタPA-AMR)の提案や導入を行ってまいりました。2019年より、※1国内市場シェア3年連続1位を獲得し、2022年度には、ピッキングアシストロボットの市場調査でトップシェアの49%を達成しました。
スペースの制約や高いサービス品質を求められる日本の物流倉庫で鍛え上げられ、日本一となったラピュタPA-AMRの高い群制御技術とカスタマーサクセスにより、海外マーケットでもユーザーに大きな価値を提供できる体制が整いました。新たに米国シカゴオフィスを新設することで米国全土における営業活動やオペレーションを加速させ、米国エリアにおける物流DXの推進に尽力してまいります。

※1: デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社「サービスロボットソリューション市場展望 2022年度版」ピッキングアシストロボット市場シェア・推移https://mic-r.co.jp/mr/02360/ , 関連リリースはこちら

Rapyuta Robotics, Inc. オフィス所在地
Rapyuta Robotics, Inc.
935 National Parkway, Suite 935-45
Schaumburg, Illinois 60173 (Map)

米国シカゴオフィス、オープニングセレモニーの様子
2023年1月25日にオフィス設立を祝して、オープニングセレモニーを開催しました。セレモニーでは、在シカゴ日本国総領事館の田島総領事と Schaumburg市長のTom Dailly氏に、祝賀スピーチを頂戴しました。ご参加いただいた30名以上の物流事業関係者には、ラピュタPA-AMRのデモを実施し、実際に米国の物流現場で動くイメージを体感していただきました。

■ ラピュタPA-AMRの新キャラクターについて
米国法人設立を記念して、ラピュタPA-AMRのキャラクターを一新しました。このキャラクターは、ロボットのインターフェースの中で、ユーザーの動作に合わせて、動きや表情を変化させ、ユーザーへのガイダンスを行います。ロボットがユーザーにとって、より楽しく、身近で、使いやすいものになるように、デザインされました。

■ ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」をビジョンに掲げ、世界でも最先端の群制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を活用した、ロボティクスソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。国内には、東京・大阪、海外にはインド・米国にオフィスを構えて事業を行っています。
採用ページはこちら。
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/career/

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:田渕・鈴木
MAIL:pr@rapyuta-robotics.com

最近の記事

ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、2024年5月末に人と協働型のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を活用し出荷したピース数(出荷した商品のユニット数)が、2020年7月の日本初の商用化以降、累計5,000万ピースを突破したことをお知らせいたします。
...
read me
シリーズ第13弾では、半導体技術の博士号を取得し、趣味から始まったロボティクスの世界で活躍するエンジニアにインタビュー! 彼が感じるロボティクス業界の魅力や、ラピュタロボティクスでの仕事のやりがい、そして新たな挑戦とは?
...
read me