「ラピュタPA-AMR」を活用し、出荷した商品数が累計200万ピースを突破

ラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:モーハナラージャ・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、2021年10月、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を活用し出荷したピース数(出荷した商品のユニット数)が、2020年7月の日本初の商用化以降、累計200万ピースを突破したことをお知らせいたします。

※ ラピュタロボティクス製PA(Pick Assist)-AMR型ピッキングロボットの名称。

ラピュタロボティクスの物流倉庫自動化への取り組みは、2018年10月の「ラピュタPA-AMR」を利用した実証実験に始まります。2020年7月には、日本で初めて商用化されたAMR型ピッキングロボットとして、物流倉庫をはじめとしたお客様に対し、「ラピュタPA-AMR」の提供を開始いたしました。2021年5月には、「ラピュタPA-AMR」を活用し、出荷したピース数が累計100万ピースを突破、その後もお客様の利用継続率は100%、各拠点にて導入台数の増加および他拠点への導入拡大が行われた結果、100万ピース突破からわずか5ヶ月あまりで、累計200万ピースを突破いたしました。これは、「ラピュタPA-AMR」が日本の倉庫物流市場において受け入れられ、普及段階に入ったことを示していると認識しています。

ラピュタロボティクスは、今後も現場で使えるロボットサービス通じて、人々の生活を豊かにすることを目指し、取り組みを加速してまいります。

Leave a Reply

Enquire now

Give us a call or fill in the form below and we will contact you. We endeavor to answer all inquiries within 24 hours on business days.