ピッキングロボット

働き手不足の現場でピッキングロボットが走りまわっている!? 物流業界に起きている現実

◾️日本の物流業界で進む深刻な人手不足 国内外の物流センターで物流ロボットの導入が進んでいる背景には、年々加速する「人手不足」があります。 さまざまな業種業界が苦しんでいますが、物流現場の人手不足は、さらに厳しい状況に置かれています。そのリアルな現実を、さまざまなデータから見てみましょう。 人手不足があらゆる業種で顕著になっている中、物流業界(運輸・倉庫)は「従業員が不足している上位10業種」の1位:情報サービス、2位:農林水産業に続く3位のポジションです。 ●関連記事: 人手不足に対する企業の動向調査(2019 年4月:帝国データバンク) […]

続きはこちら
協働型ピッキングアシスタントロボット

物流現場の人手不足を解消する 「物流ロボット」の正体とは?

1回目となる今回は、物流の現場、特に倉庫の中で活躍する物流ロボット(倉庫ロボット)についてです。いま、どんなロボットの種類があるのか、そもそもどのロボットがどんな現場に向いているのか…など、人手不足に悩んでいる導入担当者の方は必見の内容です! ◾️物流の現場で活躍し始めたロボットたち 物流業界はここ数年で、慢性的な人手不足に陥っています。雇用する人材の確保に苦労しているのは、どの物流企業も共通している悩みなのです…。 そんな状況を改善しようと、自動化、省人化、省力化をキーワードに、この数年で急速に開発と導入が進んでいるのが「物流ロボット」です。 実は、日本だけでなく物流の労働力不足は世界的に深刻化です。この状況を背景に、物流ロボット市場は急成長を続けていますインドの市場調査会社The Insight Partnersは、世界の物流ロボット市場は、2018年の43億5620万米ドルから、2027年までに202億9340万ドル(約3兆1000億円)にまで拡大するという予測を掲載したレポートを発表しています。 […]

続きはこちら
協働型ピッキングアシスタントロボット

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Robotics、AMRの新機能を日通倉庫向けに提供開始

2020年8月27日 報道関係各位 ロボティクスプラットフォームを提供する、Rapyuta Robotics株式会社(東京都中央区、 代表取締役 CEO:Gajan Mohanarajah)は、物流倉庫向け協働型ピッキングアシスタントロボット(AMR)に新機能を実装し日本通運が運営する倉庫で提供開始したことをご報告致します。 […]

続きはこちら
Rapyuta Robotics

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Roboticsとモノフルが資本業務提携

ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Robotics株式会社(東京都中央区、代表取締役 CEO: Gajan Mohanarajah、以下「Rapyuta Robotics」)は、物流施設及び物流ソリューションのリーディングカンパニーである日本GLP株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 帖佐 […]

続きはこちら
iRex2019

「2019国際ロボット展(iREX2019)」出展のご報告

2019/12/23 2019年12月18日(水)~21日(土)、東京ビッグサイトで開催された「2019国際ロボット展(iREX2019)」に初出展いたしました。非常に多くの方にご訪問いただきました。改めまして、出展の様子をご報告をいたします。 ■ 出展概要 今回、弊社製品の中から3点を展示いたしました。 ・クラウド・ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」 ・ロボットアーム制御用コントローラ兼シミュレーションソフトウェア […]

続きはこちら

Enquire now

Give us a call or fill in the form below and we will contact you. We endeavor to answer all inquiries within 24 hours on business days.