最新情報 /

ラピュタロボティクス、自動倉庫「ラピュタASRS」のアメリカ市場での展開を開始

日付: 2024-07-10
カテゴリー: プレスリリース

~” Warehouse Automation for everyone” として、特徴的なロボット群制御と工法を活用~ 

物流向けロボティクスソリューションを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下、ラピュタロボティクス)は、既に日本市場で複数社において採用が決定し、導入準備が進んでいる、複数台のロボット同時制御AI・材質・工法の点で革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国市場での販売を開始します。この最先端システムは、ビジネスの状況に合わせて簡単に増減床ができる柔軟性とピッキング作業の生産性と在庫保管効率の飛躍的な向上をご提供します。 

This image has an empty alt attribute; its file name is 2-1024x576.png
<自動倉庫「ラピュタASRS」> 
<自動倉庫「ラピュタASRS」ピッキングの様子> 

自動倉庫「ラピュタASRS」米国展開の背景と目的
全世界的に物流業界では、人件費の高騰、離職率の高さ、迅速な注文処理の需要、在庫量の変動が課題となっており、米国もその例外ではありません。業界としては、これらの課題に対応をしながら、サステイナブルで汎用的なビジネスを維持する必要があります。ラピュタロボティクスは、これらの業界課題に対応するために、豊富な物流ロボティクスの経験を活かしてラピュタASRSを開発し、先行して日本で展開を進めており、今般アメリカでの販売開始を決めました。この画期的な自動倉庫ソリューションは、大掛かりで導入のハードルが高い物流DXの分野で、柔軟で簡単に導入でき、既存の倉庫オペレーションにシームレスに統合することが可能で、ダウンタイムを最小限に抑えながら投資対効果を最大化することができます。 

ラピュタASRS事業担当VPの伊藤重男は、「ラピュタASRSを米国市場に導入できることを非常に嬉しく思います。生産性と保管効率をバランスよく向上できると共に、ブロック玩具のように柔軟に構築と拡張可能な自動倉庫として、お客様に貢献できるようになることを期待しています」とコメントしています。 

自動倉庫「ラピュタASRS」の主な特長

  1. FRP(強化ガラス繊維プラスティック)のモジュラー構造により拡張柔軟性のある構造体 
  1. 圧倒的な生産性と保管効率 ー 最大10倍の生産性と2.5倍の保管効率* 
    *マニュアルピッキング(一般的な軽量棚の空間容積率13%、1時間あたり60行/人)との比較 
  1. 免振設計による堅牢性 
  1. これまで培ったロボット技術としての群制御AIや自動バッテリー交換システム 

自動倉庫「ラピュタASRS」の詳細はこちらからご覧ください。
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/solutions-asrs/

日本の顧客もすでにラピュタASRSの利点を実感しています。日本出版販売株式会社、新拠点開設準備室の大熊祐太様は、以下のように述べています。 
「ラピュタ ASRSの導入の決め手は日本出版販売株式会社が掲げるコンセプト『人と環境に優しい物流』を実現するために必要不可欠な『最新技術によるロボティクス』であるということです。環境に配慮し、ネジを使用しない柱とプレートをブロックのように組み立て可能な点、また物量の増減に対してレイアウトを変えることができるなど、柔軟な対応がハードウェアでもソフトウェアでも可能であること、人手不足対応のために多様な人が今後働くことになると考えられるが、すぐに誰でも作業ができることなどを評価させていただきました。ラピュタロボティクスと共創できることにも共感し、ぜひ一緒に取り組んでいきたいと思っております。」 

今回の米国展開に当たり、ラピュタロボティクスは、物流ロボティクス分野の知見に明るく、コネクションが豊富なビジネス人材、また、一緒に販売拡大を協業頂ける物流倉庫向けの大規模マテハン、ロボットの販路開拓に強い代理店候補・インテグレーター候補を募集しています。 

採用情報については下記をご覧ください。

Business Development Manager(米国) 
https://apply.workable.com/rapyuta-robotics/j/0496791D65/

その他の採用情報 
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/careers/

■ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(Making robotics attainable and useful for anyone)をビジョンに掲げ、世界最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクスプラットフォームの開発と、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界30ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。 

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:大橋
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com


最近の記事

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン)は、東京ビッグサイトで行われる「第5回 工場内物流最適化展」にラピュタ製品の出展いたします。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、2024年5月末に人と協働型のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を活用し出荷したピース数(出荷した商品のユニット数)が、2020年7月の日本初の商用化以降、累計5,000万ピースを突破したことをお知らせいたします。
...
read me