ラピュタロボティクス、TOTO株式会社の小倉物流センターへ「自動フォークリフト ラピュタAFL」を納入

日付: 2024-03-05
カテゴリー: プレスリリース, 導入実績

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、TOTO株式会社(福岡県北九州市、代表取締役 社長執行役員 清田 徳明、以下TOTO)の小倉物流センターにラピュタロボティクスの「自動フォークリフト ラピュタAFL」を納入いたしましたのでお知らせいたします。

TOTOの小倉物流センターで稼働する「自動フォークリフト ラピュタAFL」

導入の背景
TOTOでは、物流現場における労働力不足への課題、環境負荷低減に向けて、サステナブルな経営実現のためにも倉庫・物流における自動化の施策を検討されていました。この度、垂直搬送機から出荷場までの長距離搬送の自動化に着手しております。自動フォークリフトを導入することで、人材確保への課題解決だけではなく、作業スタッフの負荷軽減にも寄与し、安全面においても労働環境の改善にも繋がります。

ラピュタロボティクス自社開発のロボティクスプラットフォーム、またそれを用いたロボット群制御AIのソフトやLiDARセンサーの技術、また、国産のハードウェアを用いた精度の高い製品とサービスを提供可能な点に期待をいただいております。

自動フォークリフト ラピュタAFLの商品詳細はこちら
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/solutions-afl/

■TOTO株式会社におけるラピュタ自動フォークリフト、導入の目的

1. 単純作業を自動化し、生産性ある業務を人手に回す:フォークリフトによる長距離移動作業は自動化し、人でしかできない付加価値の高い作業を行うことが可能

2. サステナブルな経営を実現:物流現場における人手不足、フォークマン採用の難しさを物流DXで対応し、安定した生産性を保つことで高品質なサービスが提供可能

3. 業界最短水準で導入が可能な点:案件の具体化までタイムラグがなくシームレスな対応を評価いただいており、今後、TOTO内において他拠点でも自動化におけるナレッジシェアが可能

今後もラピュタロボティクスとTOTOは、ラピュタロボティクスの「自動フォークリフト ラピュタAFL」を活用し、物流におけるさまざまな課題解決に向けて取り組んでまいります。

TOTO株式会社  物流本部 西日本物流部 部長 大中 直行様
物流現場改善の取り組みにおいて、物流24年問題・労働力不足への対応として物流DX化を推進しています。今回採用させて頂いたラピュタロボティクス社製の自動フォークリフトは最新の自動運転技術とAIによって制御されており、搬送工程の完全無人化を実現しこれまで以上の高い効率性と安全性を実現する事ができました。今後も新たな技術の導入を通じて一層の進化と成長を遂げることを目指してまいります。

TOTO株式会社  物流本部 西日本物流部 小倉物流製品課 中村 勝也様
ラピュタロボティクス社の自動フォークリフトは、AIによる群制御やベンダーフリーなシステム連動を活用し、当社の物流作業に革新をもたらしました。当社では、従来の設備である垂直搬送機とのシステム連動や、2台の自動フォークリフトの相互連携を実現し、有人フォークリフトが行っていた作業を無人化しました。これにより生産性の向上だけでなく、労働環境の改善や持続可能な物流現場の構築に貢献しています。今後もラピュタロボティクス社と共に、さらなる取り組みを進めてまいります。

TOTO株式会社について
所在地: 福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
代表者: 代表取締役 社長執行役員 清田 徳明
事業内容:衛生陶器(大便器、小便器、洗面器など)、システムキッチン、ユニットバスルーム、水栓金具の製造販売など。
URL: https://jp.toto.com/

■ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(Making robotics attainable and useful for anyone)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクスプラットフォームの開発と、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界30ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:大橋
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com


最近の記事

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン)は、東京ビッグサイトで行われる「第5回 工場内物流最適化展」にラピュタ製品の出展いたします。
...
read me
物流向けロボティクスソリューションを提供するラピュタロボティクス株式会社は、既に日本市場で複数社において採用が決定し、導入準備が進んでいる、複数台のロボット同時制御AI・材質・工法の点で革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国市場での販売を開始します。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me