ラピュタロボティクス、日本出版販売株式会社が2024年秋に開設予定の物流新拠点に自動倉庫「ラピュタASRS」を納入予定

日付: 2023-12-22
カテゴリー: プレスリリース, 導入実績

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、2023年8月に発売を開始しました、自動倉庫「ラピュタASRS」を日本出版販売株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:奥村 景二、以下日販)が2024年秋、埼玉県新座市に新しく開設する新拠点に納入予定であることをお知らせいたします。

自動倉庫「ラピュタASRS」

■自動倉庫「ラピュタASRS」導入の背景
日販は、持続可能な出版流通の実現に向けて、日販グループ全体での「物流再編プログラム」に着手し、物流現場における課題解決に向けて早期に取り組みを開始してきました。その取り組みの中で、ロボティクスの活用などにより高度化された新拠点を2024年9月に開設予定です。

日販が物流マテハン機器を検討される中で、ラピュタロボティクスの自動倉庫「ラピュタASRS」が物流プロセスの最適化と効率化に寄与するものとして期待を寄せていただきました。特に、複数台のロボット群制御によって圧倒的な生産性を実現できる点、また構造にシンプルな部材を使用し、ブロック工法によって導入後も需要に合わせた倉庫の拡張やロボットの追加が行え、あらゆる倉庫の形・大きさに柔軟に対応可能な点を評価いただけました。また、日販とラピュタロボティクスがお互いに物流(倉庫)現場における課題解決に向けて、共に取り組んでいく「共創」を目指していく点において両社のコンセプトがマッチした点も高く評価いただきました。

■導入においてのポイント
自動倉庫「ラピュタASRS」が、日販の新拠点のコンセプトに沿った設備であると判断され、導入を決定いただきました。

1. 物量の増減に対して柔軟に対応できる。
業量やニーズに合わせて拡張や縮小が可能で、さらに出版物や文具のみならず商材を限定することなく多種多様なアイテムを扱える設備であること

2. 人手不足や社会コスト増などの社会課題に対応する。
最新ロボティクス技術の活用により「省人化・標準化による効率改善」を実現できること

3. 人と環境にやさしい物流センターを構築する。
安全で誰でも作業可能な設備であること

ラピュタロボティクスと日販は、自動倉庫「ラピュタASRS」を活用し、物流におけるさまざまな課題解決に向けて取り組んでまいります。

日本出版販売株式会社 新拠点開設準備室室長 大熊 祐太 様
「ラピュタASRS」導入の決め手は新拠点のコンセプトである「物量増減に対して柔軟に対応できる」・「人手不足や社会コスト増などの社会問題に対応する」・「人と環境にやさしい物流センターを構築する」を実現するための必要不可欠な「最新技術によるロボティクス」であるということです。今まで日販が物流面で培ってきたソフト面・ハード面のノウハウに対して新たな武器として加わっていただけること、「共創」できることに、気分が高まっております。新拠点と合わせて皆様のご期待にそえるよう取り組んでまいります。

日本出版販売株式会社 新拠点について
名称(仮):2024年度 新拠点(名称は今後発表)
所在地    :埼玉県新座市中野1丁目13-20
延床面積   :7,670坪
稼働予定   :2024年10月より順次

■日本出版販売株式会社について
所在地: 東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地
代表者: 代表取締役社長 奥村景二
事業内容:
1. 書籍、雑誌、教科書及び教材品の取次販売
2. 映像及び音声ソフトの製作、販売、ならびにこれに関する著作権の取得、賃貸
3. コンピュータ機器及びソフトウェアの販売、ならびに情報提供サービス業
URL: https://www.nippan.co.jp/

■ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(Making robotics attainable and useful for anyone)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォームの開発と、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:大橋
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com


最近の記事

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン)は、東京ビッグサイトで行われる「第5回 工場内物流最適化展」にラピュタ製品の出展いたします。
...
read me
物流向けロボティクスソリューションを提供するラピュタロボティクス株式会社は、既に日本市場で複数社において採用が決定し、導入準備が進んでいる、複数台のロボット同時制御AI・材質・工法の点で革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国市場での販売を開始します。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me