鈴与がラピュタロボティクスの「ラピュタ自動フォークリフト」を現場オペレーションでの試験運用を経て、2023年内の本導入へ協議開始

日付: 2023-09-13
カテゴリー: プレスリリース, 導入実績

~物流現場のDX化に向けて自動フォークリフトを本導入~

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下 ラピュタロボティクス)は、鈴与株式会社(静岡県静岡市、代表取締役社長: 鈴木健一郎、以下 鈴与)の物流センターにおける「ラピュタ自動フォークリフト」の試験運用を経て、2023年度中の本導入のために「ラピュタ自動フォークリフト」を納入予定であることをお知らせします。

背景と目的

鈴与は、物流現場における人材不足への課題解決に向けて早期に取り組みを開始するため、2022年10月に実証実験を行いました。実証実験で得られた結果をもとに、2023年6月から7月にかけて、ラピュタ自動フォークリフトの本格活用を見据え、現場オペレーションを想定した試験運用を行いました(参考プレスリリース:鈴与がラピュタロボティクスの「ラピュタ自動フォークリフト」を今夏に現場オペレーションでの試験運用予定

今回の試験運用における自動化ケースの定義と性能検証の結果、本導入に向けた有効性を確認いただけました。それにより、垂直搬送機経由での、複数フロアに跨る仮置き場間の搬送自動化実現に向け具体的な協議を開始しました。

■試験運用の結果を受けて、本導入においてのポイント・取り組み

1. 物流現場のDX化を推進による人材不足への先手打ち
人材不足に対して先手を打っていくことがサステナブルな経営実現にも寄与することを改めて確認いただきました。

2. 実稼働への適応性確認と、横展開準備
人と協働し生産性の効果を検討しながらDX化を推進していくための一歩として、ラピュタ自動フォークリフトを試験運用し、検証を行いました。柔軟性を要する実稼働を想定したUIや荷役精度、パフォーマンスに関わるデータを提供し実用性を確認いただきました。足元の本稼働を共に成功させ、人材課題解決へ素早く対応すべく、並行して横展開検討の協議も開始しました。

今後もラピュタロボティクスと鈴与は、ラピュタ自動フォークリフトを活用し、物流におけるさまざまな課題解決に向けて協業してまいります。

■鈴与株式会社 前田弘賀取締役
今夏に倉庫現場で実施した「ラピュタ自動フォークリフト」の試験運用で、人と協働するオペレーションでの実用性やそのパフォーマンスを評価し、ユースケースの選定を行いました。今後は社内倉庫現場への年内導入に向けて準備を行い、その後も順次、導入拠点を増やしていきます。物流現場の人手不足という課題に対する解決策の一つとして大いに期待しているとともに、夜間、早朝作業に自動フォークを使用することで人にやさしい倉庫現場の実現を目指していきます。

鈴与株式会社について

所在地: 静岡県静岡市清水区入船町11-1
代表者: 代表取締役社長 鈴木健一郎
事業内容:国内物流、国際物流などの各サービス、物流ソリューションの提供
URL: https://www.suzuyo.co.jp/

■ラピュタ自動フォークリフト「格納・パレットピッキング機能」を「国際物流総合展2023 第3回 INNOVATION EXPO」で展示予定

会期:2023年9月13日(水)~ 9月15日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビックサイト 
ラピュタロボティクスブース番号:西1ホール 1A-01

国際物流総合展2023 第3回 INNOVATION EXPO 詳細はこちら
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ie/index.html

来場事前予約はこちら
https://www.logistech-online.com/jp/registration.php

※自動フォークリフトについての詳しい内容、費用については下記のお問合せフォームからお願い致します。
https://www.rapyuta-robotics.com/ja/contact-us/

■ラピュタロボティクスについて

ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(Making robotics attainable and useful for anyone)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクスプラットフォームの開発と、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:大橋
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com


最近の記事

クラウドロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン)は、東京ビッグサイトで行われる「第5回 工場内物流最適化展」にラピュタ製品の出展いたします。
...
read me
物流向けロボティクスソリューションを提供するラピュタロボティクス株式会社は、既に日本市場で複数社において採用が決定し、導入準備が進んでいる、複数台のロボット同時制御AI・材質・工法の点で革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国市場での販売を開始します。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me