最新情報 /

安田倉庫、ラピュタロボティクス「体験本導入プラン」での「ラピュタPA-AMR」の稼働を開始

日付: 22 Nov 2022
カテゴリー: プレスリリース

 ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、安田倉庫株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 藤井 信行、以下安田倉庫)の厚木営業所に、「体験本導入プラン」(※)にて自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を、納入いたしました。ラピュタPA-AMRを納入後、一ケ月半の間に本格的な導入と同条件でロボットを体験活用いただき、生産性などをご確認いただきます。

(※)「体験本導入プラン」は、中小規模の倉庫を含めた多くの物流事業者向けに、一ヶ月半の間、本導入と同じレベルでAMRを活用し、倉庫への適合性、生産性の向上度合いをしっかりご確認頂けるプログラムです。
体験本導入プラン 詳細 https://www.rapyuta-robotics.com/ja/2022/04/20/real-introduction-program/

■背景と目的
 安田倉庫は、現在DX事業推進室を新設するなど、さまざまな物流課題解決のため、自動化ソリューションを活用した省人化・省力化を進めています。しかしながら、少量多品種型の物流現場では、費用対効果やシステム連携の工数なども課題となり、導入が円滑を欠く状況でした。

 そこで今回、本格導入した場合と同じサービス品質、条件で実際にAMRを活用頂き、対象現場でAMRが作業スタッフと最適に連携できているか、また生産性が向上されるかを確認できるAMRの体験本導入プログラムを安田倉庫に活用いただく運びとなりました。安田倉庫で課題の一つであった、システム連携についてはCSV連携で体験導入が可能となり、システム連携の課題をクリアできたことも体験本導入プラン活用の決め手となりました。

■安田倉庫における体験本導入採用の目的
1. 今回の体験本導入でAMRのオペレーションノウハウを蓄積し、同社内でのDX推進に活用したい
2. 実際にAMRを本格導入と同様の条件で稼働させて、生産性向上や省力化の確認をしたい

 また、ラピュタPA-AMRの操作画面は、誰でも簡単で直感的に使用できるユニバーサルデザインを採用しています。新人スタッフや日本語が堪能ではない海外メンバーでも、30分でロボットの操作をマスターし、ベテランスタッフと同等の生産性を出すことが可能です。これにより企業の新人教育の手間を省き、より物流オペレーションに集中できる環境づくりに貢献しています。

 今後もラピュタロボティクスと安田倉庫は、ラピュタPA-AMR を活用し、物流におけるさまざまな課題解決に向けて協業してまいります。

■安田倉庫株式会社 営業企画部 DX事業推進室長 新井康一様
 当社ではDX事業推進室の新設後、「物流現場DX」を最優先施策の一つとして、庫内作業のロボット導入による省人化と省力化を進めてきました。ソリューション導入には、費用対効果はもちろんのこと、作業者の肉体的・精神的ストレスを緩和する労働環境への配慮といったサステナブルの観点が大変重要です。「体験本導入プラン」は、システム連携などの大きな投資の前に、AMRによる作業生産性と労働環境のそれぞれの改善を確認することが可能な画期的なプランです。本導入さながらに、ラピュタ社プロジェクトメンバーには稼働までしっかりとサポートして頂き感謝しております。本取組が、今後のラピュタ社との物流課題解決に向けた協業の第一歩となると確信しています。

■安田倉庫について
所在地: 東京都港区芝浦三丁目1番1号
代表者: 代表取締役社長 藤井 信行
事業内容:倉庫業、運送事業・利用運送事業、通関業・港湾運送事業、物流機器の販売・賃貸業、物流情報システムの開発・運営業、不動産業、その他関連事業 URL: https://www.yasuda-soko.co.jp/

 安田倉庫は、1919年(大正8年)の創立以来、大消費地である首都圏・関西圏を中心に拠点を展開し、お客さまに最適なロジスティクス・サービスを提供しています。倉庫・輸送サービスにとどまることなく、医療機器の修理業やIT機器のキッティング、事務プロセス効率化支援などのお客様の課題解決に資するソリューションを強化しております。従来の経験にとらわれない柔軟な発想力と創造力をもとに、お客さまのニーズへスピーディにお答えする高品質な物流サービスを総合的にご提供いたします。
 創立以来手がけてきました不動産事業では、東京・横浜地区を中心にオフィスビル・マンションを展開するほか、都市環境との調和にも考慮しながら必要に応じた再開発を行っています。

ラピュタロボティクスについて
ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を弊社自身で活用した、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チーム、カスタマーサクセスチームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 プロダクトPR担当: 大橋
TEL:03-6228-3852
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com

最近の記事

people, カルチャー, ブログ, ラピュタではたらく
/ 02 Dec 2022
【カルチャーシリーズ vol.6】ラピュタ初!会社紹介動画の公開
ラピュタで働くすべての人が大切にしている「カルチャー」をご紹介。シリーズ第六弾では、公開中の2本の会社紹介動画について、注目いただきたいポイントをまとめています。
...
read me
people, ブログ, 採用
/ 30 Nov 2022
ROSCon 2022に参加!3つの講演と展示ブースを出展
10月19日〜21日まで国立京都国際会館で開催されたROSCon2022。弊社からは3名がパネルディスカッションや講演のため登壇いたしました。 ・ROSConとは? ROSConは毎年開催される国際的なROS(Robot Operating System=ロボットソフトウェアを作成するための柔軟なフレームワーク)の開発者のための会議で、2018年からは正式ローカルイベントとして日本版のROSCon「ROSCon JP」も開催されています。今年は京都が開催地として選ばれ、世界中の開発者などが集まりました。 ・ラピュタロボティクスとROSConの関係 ラピュタロボティクスが提供するクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」は、ROSをサポートしており、開発者はROSの利用範囲を容易にクラウドへ拡張することが可能です。また弊社は、常日頃ROSコミュニティから刺激を受けイノベーティブなアイデアを着想したり、ROSオープンソースソフトウェアを元に自社技術を追加し製品開発を行うことも多いことから、2017年よりROSConへのスポンサーをしております。 世界中のロボットユーザーや開発者、学生などが一堂に会し、初日から賑わいを見せていたROSCon 2022。ラピュタロボティクスは今回ゴールドスポンサーとして参加し、ブースを出展致しました。 実際のブースでは、弊社のソリューションである協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」の展示や、弊社エンジニアの講演内容であるUnreal Engineを使ったシミュレーションについてなどをご紹介。開発者や研究者、学生、参加企業の方々など多くの方にお立ち寄りいただき、情報交換や交流を図ることができました。 展示ブースでの様子 協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」 また、今年はワークショップのひとつとして開催されたROSCon JPにて、弊社代表取締CEOモーハナラージャー・ガジャンが「日本のロボティクススタートアップ企業」というトピックでパネルディスカッションに参加し、さまざまな方と意見を交わしました。さらに、下記2名のエンジニアがそれぞれROSCon JP・ROSConにて、「UnrealEngineを用いたROS2用の分散シミュレータ環境の構築について」を発表しました。 ・岡本 悠 / Yu Okamoto (Senior Software Engineer)・Larry Ng (Infrastructure Engineer) 「Unreal Engine (UE)」は様々なゲームの開発に利用されているオープンソースのゲームエンジンで、マルチプレイヤーゲームの機能も提供しています。多数のキャラクターが登場するゲームで利用される様々な技術をロボットのシミュレーションにも転用可能であると考え、このUnrealEngineをROS2対応のシミュレータとして使用。一度に多数のロボットをサポートできるシミュレーターを作成したことについて説明しています。ライブデモを披露したこともあり、多くの好意的な反応をいただくことができました。 また、ロボットを何台までシミュレーション可能なのか、Unreal Engineを選んだ理由、飛行ロボットや水中ロボット等このシミュレーションで使用できる他のタイプのロボットについてなど、さまざまな角度からの質問もいただきました。 ROSCon会場にて講演をするLarry 岡本コメント:「多くの方に講演を聞いていただきありがたかったです。また、発表後ブースに来ていろいろと質問をしていただき、こちらとしても勉強になりました。今回のROSConに参加してみて、多くの人が実際にROSを使っていることを実感しました。一つの会社・一人の個人としてできることには限界があり、オープンソースに貢献することでソフトウェアの品質を上げていくことの必要性を感じ、今後も微力ながらROSに貢献していきたいと思います。」 Larryコメント:「ROSConでの初めての講演だったため最初はかなり緊張していましたが、後半は慣れてきて少しスムーズに話せた気がします。大勢の方々の前で発表する機会をいただけたのはとてもありがたかったです。今回参加してみて、多くの人に出会うことができ、また新しい製品やアイディアを実際に感じることができてとても興味深く楽しい経験でした。」 3日間を通してコミュニティの盛り上がりを感じると共に、さまざまなバックグラウンドをお持ちの方と話すことができ、弊社としても大変実りある時間となりました。弊社では今後とも、ROSの発展に寄与していけたらと思っています。 ラピュタロボティクスでは、一緒に働く仲間を募集しています!採用ページはこちら…
...
read me
メディア掲載
/ 29 Nov 2022
メディア掲載_NewsPicks
11月29日(火)のNewsPicksにて記事が掲載されました。ラピュタロボティクスのロボットは、どう人の作業を補助するのか、また、大型投資ができない事情についてCEOのガジャンが語っています。
...
read me
メディア掲載
/ 29 Nov 2022
メディア掲載_NHK WORLD JAPAN
11月28日(月)NHK WORLD JAPAN「NEWSLINE ASIA 24」の 特集 “英語公用語化進むIT業界”にて、当社が取り上げられました。
...
read me
Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook