最新情報 /

ラピュタロボティクス/EC大手アスクルの物流センターにて「ラピュタPA-AMR」国内EC業界最大規模34台(※)を本格稼働、生産性は約1.8倍に向上

日付: 2022-06-22
カテゴリー: プレスリリース

 ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクス株式会社(東京都江東区、代表取締役 CEO:モーハナラージャー・ガジャン、以下ラピュタロボティクス)は、EC大手アスクル株式会社(東京都江東区、代表取締役社長 : 吉岡 晃、以下アスクル社)へ、34台の「自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」(以下、「ラピュタPA-AMR」)」を物流センターASKUL Value Center 日高(以下、「AVC日高」)へ導入し、従来と比較し生産性が約1.8倍に向上いたしました。また、ピッキング作業に必要とされる人員も既に約3割減を達成しています。今後も継続的な機能強化でより高い生産性を実現していく予定です。

 なおEC向け物流倉庫において、34台のAMRの本格稼働は国内EC業界最大規模(※)であり、両社にとって、大きな挑戦であると同時に、物流DXを加速させる変革への第一歩となります。
 (※) 国内におけるEC業界最大規模の導入台数(2022年6月時点 ラピュタロボティクス社導入実績より)

 < AMRと協働ピッキングをしている様子 >      < AMRから荷下ろしをしている様子 >

■背景と目的
 アスクル社は、急速なEC市場の成長による物流需要の増加や物流センターにおける人手不足への対応として、全社をあげて積極的に高度自動化を推進していました。そのような中、アスクル社では、現場のオペレーションを止めずに、短期間で柔軟に導入が可能なAMRに注目し、複数社のAMRを比較した上で、最終的にラピュタPA-AMRの稼働実績と性能および国内の万全なサポート体制を高く評価いただき、本導入に至りました。
 ラピュタPA-AMRは作業スタッフと協働でピッキングを行い、荷物の搬送の代行とピッキングルートの最適化を図ることで、生産性向上とピッキングスタッフの歩行時間削減を可能とする最新のロボティクスソリューションです。この度、アスクル社が運営するEC向けの出荷オペレーションに34台のラピュタPA-AMRを導入し、生産性は従来の約1.8倍に向上しております。本稼働前に、要件定義に基づいた緻密なシミュレーションを重ね、事前に課題を見つけ出し、解決したことでスムーズなオペレーションの実現に繋がりました。
 また、ラピュタPA-AMRの操作画面は、誰でも簡単で直感的に使用できるユニバーサルデザインを採用しています。新人スタッフや日本語が堪能ではない海外メンバーも、30分でロボットの操作をマスターし、ベテランスタッフと同等の生産性を出しています。企業の新人教育の手間を省き、より物流オペレーションに集中できる環境づくりに貢献しています。
 今後もラピュタロボティクスとアスクル社は、ラピュタPA-AMR を活用し、お客様にとって必要な製品を「早く」届けられるよう、協業してまいります。

■アスクル株式会社 ロジスティクス本部 物流戦略企画 髙橋 要弘 様
 今回ラピュタロボティクス様と取り組む決め手となったのは、豊富な導入実績はもとより、導入決定前に弊社からAMRに求める必要な機能やスペックについてお伝えしたところ、それらに前向きに取り組んでいただけるという力強いお言葉をいただけたことでした。
 導入合意後はその実現に向けて打合せを重ね、多くを実装していただき、その成果が生産性の大幅な向上という形で表れてきています。今後もラピュタロボティクス様と共に、日本のロボティクス活用を推進して行ければと考えております。

■アスクル社について
所在地: 東京都江東区豊洲3-2-3 豊洲キュービックガーデン
代表者: 代表取締役社長 吉岡 晃
事業内容: 事業所向け(BtoB)、個人向け(BtoC)の EC 事業
URL: https://www.askul.co.jp/kaisya/index.html

 1993年に事業所向け通販サービス「ASKUL」事業、2012年には個人向けEC 「LOHACO」を開始。全国9拠点の自社EC物流センターから、全国に当日・翌日配送「明日来る」を実現しています。
 商品開発からラストワンマイルまで担うバリューチェーンにおいて、メーカーやパートナーとの共創を推進し、データとテクノロジーを最大活用してサイバー・フィジカル両面からのビジネストランスフォーメーションを進めています。当社のパーパス〈仕事場とくらしと地球の明日(あす)に「うれしい」を届け続ける。〉を実現する社会インフラであり続けることを目指しています。

ラピュタロボティクスについて
 ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)発のベンチャー企業です。「ロボットを便利で身近に」(「Making robotics attainable and useful for anyone」)をビジョンに掲げ、世界でも最先端の群制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を活用した、ロボティクスソリューションの開発・導入・運用支援を行っています。
 世界20ヵ国以上から結集した、高い開発技術力を誇る優秀なエンジニアとバイリンガルで物流業界に精通した営業チームのタッグにより、お客様に最適なソリューションをご提案します。

【本件に関するお問い合わせ先】
ラピュタロボティクス株式会社 PR担当:田淵
MAIL:communications_bc_ja@rapyuta-robotics.com

ラピュタロボティクス PR事務局(㈱スキュー内) 担当:崔(チェ)・北出
TEL: 03-6450-5457
MAIL: rapyutarobotics-pr@skewinc.co.jp

最近の記事

ラピュタロボティクス株式会社は、コクヨサプライロジスティクス株式会社のカウネット福岡物流センターに、協働型ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入いたしました。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(以下、NEDO DTSU)」に係る第3回公募において、DMP(Demonstration development for Mass Production)フェーズに採択され、18億円の助成を受けることを予定しております。
...
read me
ラピュタロボティクス株式会社は、2024年5月末に人と協働型のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」を活用し出荷したピース数(出荷した商品のユニット数)が、2020年7月の日本初の商用化以降、累計5,000万ピースを突破したことをお知らせいたします。
...
read me
シリーズ第13弾では、半導体技術の博士号を取得し、趣味から始まったロボティクスの世界で活躍するエンジニアにインタビュー! 彼が感じるロボティクス業界の魅力や、ラピュタロボティクスでの仕事のやりがい、そして新たな挑戦とは?
...
read me